テーマ:VBScript

VBScript: 名前付き引数と名前なし引数の混在

そういえば、VBScript(正確にはWSH)のコマンド引数で名前ありと名前なしを混在させたら、どんな感じだったかなっと思った。 こんなスクリプト(args2.vbs)を作成した: option explicit dim objArgs,sName,i set objArgs=WScript.Argument…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VBScriptの名前付き引数

本当によく忘れるので、VBScript(正確にはWSH)の名前付き引数の使い方を書いておく。 次のような args.vbsがあるとき: option explicit dim objArgs,sName set objArgs=WScript.Arguments.Named for each sNa…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VBScriptでカッコつきの数字を変換するとマイナスの値になる

VBScriptでは、数値として認識できる文字列は計算できる。 たとえば、次のようなコードを書く wsh.echo 1+”2” 結果は次のようになる: 3 ここまでは、誰でも想像の範囲内だがカッコをつけると面白いことがおきる。たとえば、 wsh.echo 1+”(2)” とすると、結果は次のようにな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バッチファイルからVBScriptをつまみ食いする

問題点: バッチファイルは簡単に書けるが低機能である。そこで、バッチファイルから、VBScriptを呼び出して機能を補完する記事をよく見かける。しかし、そのたびに、小さなスクリプトファイルを作ると最終的に小さなスクリプトファイルの山になる。これはスクリプトの整理に困るし、ディスクの無駄である。それならば、VBScriptの機能を簡単に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よく忘れるWSF(2)~runtimeタグとかobjectタグとかshowusageメソッドとか

コマンドラインプログラムのオンヘルプは絶対にあったほうがいい。 だから書き方が形式化されているのは、ありがたい。 しかし、覚えにくい。思い出せないから書かない。 今後、そんなことのないように、Microsoft Access 用の空のMDBファイルを作成するコマンドcreatemdb.wsfでの使用例を掲載する。ソースはこんな感じ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

visual-basic-mode.elでキーワードの先頭を大文字にしないようにする

ほんの少し前に、カスタマイズしたばかりだが、また、不満が…。 このごろ私の中ではVBScriptのキーワードを小文字で書くことが流行っている。 Visual Basic のエディタのようにキーワードの先頭を大文字に変換してほしくない。 再び visual-basic-mode.el を読む。再び、次の行を見つける (defvar…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

visual-basic-mode.elでindentを4にする

以前、visual-basic-mode.elをmeadow3にインストールした。しかし、indentが8だった。気に入らない。4にしたい。ソースを読む。次の行を見つけた。 (defvar visual-basic-mode-indent 8 "*Default indentation per nesting level.") そこ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

2009年版のvisual-basic-mode.el

最近、やたらとVBScriptばかり書いているので、meadow3にvisual-basic.mode.elを導入することにした。日本語でGoogle検索、人の記事を参考にダウンロード。しかし、font-lock-modeでのハイライトがイマイチ。 visual-basic-mode.elを見たら If はハイライトするけど if は…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

コマンドラインからMDB/ACCDBファイルのテーブル一覧とカラム名一覧を表示する

前回「コマンドラインからMDB/ACCDBファイルのデータをSQLで抽出する」でデータの抽出ができるようになったけれど、テーブル名とかカラム名とかわからないとSQLが書けない。 そんなわけで、tablelist.vbsというスクリプトを書いてみた。 option explicit dim arg :&…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Path環境変数から存在しないパスを削除する

プログラムのアンインストールをしてもシステムのPATH環境変数から自分のパスを削除しないプログラムが多い。長期間これを繰り返すとPATH環境変数に不要なゴミパスが溜まっていく。しかし、WindowsOSの機能ではチェックできない。ひとつずつ調べるのも面倒である。 そこで、「Windowsの環境変数について少し詳しく(6)~Path環境…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Windowsの環境変数について少し詳しく(6)~Path環境変数をリスト化してみる~

環境変数は基本的にシステム環境変数とユーザー環境変数で定義されている場合、ユーザー環境変数定義されたものがプロセス環境変数に適用される。 たとえば、次のように定義されている場合:システム環境変数 TEMP=C:\Windows\TEMP ユーザー環境変数 TEMP=C:\%USERPROFILE%\AppData\Local\Tem…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Windowsの環境変数について少し詳しく(2)~ボラティル環境変数~

前回「 Windowsの環境変数について少し詳しく(1)~環境変数の種類~ 」で作成した env.vbsを次のように実行すると、現在、設定されているボラティル(Volatile)環境変数が表示される。 cscript //nologo env.vbs | find "Volatile" 環境によって内容は違うけど、大体こんな感じにな…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

PerlのプログラムにVBScriptを埋め込んで関数として使う

Windowsでログの解析やシステム管理をしていると、WMIとか使いたくなる。 WMIの使用例はVBScriptになっている。もちろん、Win32::OLEを使って書き直せば Perlでも同じことができる。 しかし、手っ取り早く仕事を片付けたいときは、そのまま使えたほうがいい。 かといってVBScriptで正規表現とか簡単なレポー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウェブリログでソースを貼り付けるのに便利かもしれないツール

ウェブリログに限らないとは思うけど、ブログにソースコードを載せると、スペース文字が消えたり、タグに使っている <>なんかコードにあると化けたりする。 その場合、&lt;なんて書くのは面倒なので何となくVBScriptでbloq.vbsというスクリプトファイルを書いてみた。内容はこんな感じ。 Option …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more