Netsh -> PowerShell (4): IP アドレスとDNSの設定

IPアドレスとDNSの設定(概要)

IPアドレスを設定したい。ついでにDNSサーバーやゲートウェイなどの追加設定もしたい。
Windows 10の場合、インターフェース名はデフォルトで次のように設定されている

  • イーサネット - 有線LAN
  • Wi-Fi - 無線LAN
ここでは有線LAN(イーサネット)のIPアドレス(v4)と追加情報の設定をする

固定IPの設定手順は次の通りとする:

  1. 固定IPアドレスとDNSを設定する
  2. DNSを設定する

DHCPの設定手順は次のとおりとする

  1. DHCP設定をする

設定前に現在の状態を確認したい場合は次を参照:


IPアドレスとDNSの設定(netsh編)


Netsh: 固定IPアドレスとDNSの設定


コマンド形式:

正式:
netsh interface ip set address <インターフェース名> static <ネットマスク> <デフォルトゲートウェイ>
netsh interface ip set dns <インターフェース名> static primary
省略:
netsh in ip set ad <インターフェース名> stat <ネットマスク> <デフォルトゲートウェイ>
netsh in ip set dns <インターフェース名> stat prim

Netsh: 固定IPアドレスとDNSの設定の実行例



C:\WINDOWS\system32>netsh in ip set add "イーサネット" stat 192.168.10.11 255.255.255.0 192.168.10.1

C:\WINDOWS\system32>netsh in ip set dns "イーサネット" stat 192.168.10.1 prim

C:\WINDOWS\system32>

Netsh: DHCPの設定


コマンド形式:

正式: netsh interface ip set address <インターフェース名> dhcp
略式: netsh in ip set add <インターフェース名> dhcp

Netsh: DHCPの設定の実行例



C:\WINDOWS\system32>netsh in ip set add "イーサネット" dhcp

C:\WINDOWS\system32>

固定IPアドレスとDNSの設定(PowerShell編)


PowerShell: 固定IPアドレスとDNSの設定


コマンド形式: ※たぶん

Remove-NetIpAddress -AddressFamily IPv4 -InterfaceAlias <インターフェース名>
New-NetIpAddress -AddressFamily IPv4 -InterfaceAlias <インターフェース名> -IPAddress -Prefixlength <ビット数> -DefaultGateway <デフォルトゲートウェイ>
Set-DnsClientServerAddress -InterfaceAlias <インターフェース名> -ServerAddresses

DHCPの設定(PowerShell編)


PowerShell: DHCPの設定


コマンド形式: ※たぶん

Remove-NetIpAddres -InterfaceAlias <インターフェース名>
Set-NetIpInterface -InterfaceAlias <インターフェース名> -Dhcp Enabled
Restart-NetAdapter <インターフェース名>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック