005SHを2.3にアップデート後、ELECOM スマートフォン用キーボードが挙動不審

キーボード付きGALAPAGOSスマートフォン(Softbank 005SH)をAndroid 2.3にメジャーアップデートしたら、パフォーマンスもよくなったし、テキストの選択も楽になって、いいことがいっぱいあった。ただし、悪いことが一つだけ。

Android 2.3にメジャーアップデートしたら、ELECOMスマートフォン用キーボード(TK-FBP017)でキー入力ができなくなった。現象としてはこんな感じ:

  1. 005SH: BT Assistantを起動してキーボードとBluetooth 接続
    →正常
  2. TK-FBP017: キーボード入力する
    →異常: 何も入力されない
  3. 005SHで入力フィールドにタッチして仮想キーボードを表示させた後でTK-FBP017からキーボード入力
    →異常: キー入力すると文字が反映されるがキートップと違う内容。

とりあえず、「読取カメラ」のバーコード機能でQRコードを読み込んでEleWnnとBT Assistantを再インストールした。しかし、今度は次の現象が発生した。

  1. 005SH: 「入力方法」の選択肢に「EleWnn」が表示されない
    →異常
  2. 005SH: BT Assistantを起動してキーボードと接続
    →正常
  3. TK-FBP017: キーボード入力する
    →異常: 何も入力されない

ここで気になる点が一つ。TK-FBP017のマニュアルを読むと「Android 2.1」と書いてあるが、「Android 2.3」対応とは書いていない。しかし、スマートフォンの互換表には005SH(android 2.2)が入っていた。ちなみにELECOMスマートフォン用キーボードはTK-FBP018という機種がある。こちらの説明書には「Android 2.3」対応の記述があった。ソフトウェアはTK-FBP017とTKーFBP018で共通なのでAndroid 2.3の問題ではないと思われる。

これからELECOMに相談する予定。今は、3連休だから、火曜日に電話するかも。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック