よく忘れるWSF(1) ~構文とかreferenceタグの使い方とか~

WSFについては、昔から知っている。便利だがXMLの構文とか、referenceタグの使い方とかよく忘れる。
ADOのState用定数を列挙するにはこんな感じ
<?XML version="version" standalone="yes"?>
<package>
  <job>
    <reference object="ADODB.Connection"/>
    <script language="VBScript">
    <![CDATA[
        option explicit
        dim strName
        for each strName in array( _
            "adStateClosed", "adStateOpen", _
            "adStateConnecting", "adStateExecuting", "adStateFetching")

            WScript.echo strName & "=" & eval(strName)

        next
    ]]>
    </script>
  </job>
</package>

reference タグは package タグの中にないとエラーになる。しかし、jobタグの外に書くとスクリプトから参照できていない。
妙なしくみ。なんか使い方おかしいか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック