Windowsの環境変数について少し詳しく(4)~ユーザー環境変数~

前回と同様に1回目で使ったスクリプトで、
cscript //nologo env.vbs | find /i "User :"
とすると、次のような結果になる。
User : PATH=%CommonProgramFiles%\Microsoft Shared\Windows Live;c:\tcl\bin
User : TEMP=%USERPROFILE%\AppData\Local\Temp
User : TMP=%USERPROFILE%\AppData\Local\Temp

システム環境変数に比べると、ユーザー環境変数はかなりシンプルになっている。
システム環境変数でTEMPの定義内容はユーザー環境変数と違ってUSERPROFILEの下になる。
%USEPROFILE%の内容はログオン時に生成される。
個人用のPCでは、TEMPとPATHぐらいしか設定しないものと思われる。
しかし、PATHの中で参照されている%CommonProgramFiles%はプロセス環境変数で定義されている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック