Windowsの環境変数について少し詳しく(1)~環境変数の種類~

Windowsの環境変数には4種類ある。それは、ボラティル(Volatile)、システム(System)、ユーザー(User)、プロセス(Process)である。
これらの違いは、次のスクリプトを実行してみるとわかる。
Option Explicit
Dim WshShell,wshSysEnv
Set WshShell = WScript.CreateObject("WScript.Shell")

dim eType,env,v
for each eType in array("Volatile","System", "User","Process")
    Set env = WshShell.Environment(eType)
    for each v in env
        wsh.echo eType & " : " & v
    next
next


たとえば、env.vbsというファイル名で保存して、次のようにコマンドラインから実行する。
cscript //nologo env.vbs

コマンドウィンドウにはVolatile、System、User、Processの順に環境変数が表示される。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック