powercfg でGUIDの代わりにエイリアスを使う

powercfg で GUID を指定するのってなんかだなあ…っと思いながら、

http://hardsoft.at.webry.info/200904/article_1.html

powercfg/?を読んでみると -ALIASES というスイッチがあった。GUIDの代わりにエイリアスが使えるらしい。つまり、あらかじめGUIDに、わかりやすい短い名前をつけていたということ。
こんな感じ…。
C:\Users\hardsoft>powercfg -aliases

a1841308-3541-4fab-bc81-f71556f20b4a SCHEME_MAX
8c5e7fda-e8bf-4a96-9a85-a6e23a8c635c SCHEME_MIN
381b4222-f694-41f0-9685-ff5bb260df2e SCHEME_BALANCED
(...以下省略...)


つまり、高パフォーマンスに設定したいときは、こんな感じ…
C:\Users\hardsoft>powercfg -S SCHEME_MAX

powercfg -L でリストを出すときにエイリアス名も表示してくれるとわかりやすいんだけどな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック