powercfgで電源オプションをコマンドラインから操作する

ふとデスクトップのWindows Vista マシンでpowercfg -Lなどと、電源設定を確認してみたら「バランス」になっていた。
C:\Users\hardsoft>powercfg -L

既存の電源設定 (* アクティブ)
-----------------------------------
電源設定の GUID: 381b4222-f694-41f0-9685-ff5bb260df2e (バランス) *
電源設定の GUID: 8c5e7fda-e8bf-4a96-9a85-a6e23a8c635c (高パフォーマンス)
電源設定の GUID: a1841308-3541-4fab-bc81-f71556f20b4a (省電力)

これは必要に応じて消費電力を抑える設定。ノートPCじゃないんだからってことでコマンドラインから設定を変更することにした。キーボードからマウスまで手が遠くて…。Vistaで階層が深いし…。
powercfg/?とかで調べると、-SオプションでGUIDを指定するらしい。なんか絶対キーボードで32桁の16進数など入力する気は起きないのでコピーペーストで設定。
C:\Users\hardsoft>powercfg -S 8c5e7fda-e8bf-4a96-9a85-a6e23a8c635c

それでも Vistaのメニュー階層を辿るよりは楽だった。
タスクバーに電源オプションアイコンは表示させてない。今後も必要ないと思うけど…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック