VBScriptでExcelファイルを自動的にMDBファイルにインポートする

Microsoft AccessとExcelがインストールされていないとできないと思うけどシートが1つしかないければ、自動的にMDBファイル内にテーブルを作成できる。


Option Explicit
Const acImport = 0
Const acSpreadsheetTypeExcel9 = 8

Dim app, mdbfile, filepath, tblName

mdbfile = "g:\new.mdb"
filepath = "g:\Test.xls"
tblName = "t_data"

Set app = CreateObject("Access.Application")
app.OpenCurrentDatabase mdbfile, True
app.DoCmd.TransferSpreadSheet acImport,acSpreadsheetTypeExcel9,tblName,filepath,True


赤いところがファイル名とかテーブル名とか…
ADOで読み込む手もあるが文字列が255文字を超える場合は、この方式のほうがいい。

MDBファイルは予め作成されている必要がある。MDBの自動作成は1個前の記事を参照。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック