ハードなソフトの話

アクセスカウンタ

zoom RSS バッチファイルのsetlocalとendlocal

<<   作成日時 : 2017/02/09 21:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今さら誰も気にしないと思うが、バッチファイルでは、環境変数のローカル化するsetlocalというコマンドがある。setlocal と endlocalの間で変更した環境変数は、ローカルな環境変数になる。たとえば、次のようなバッチファイルを書いて1.batとかいう名前で保存する。

@echo off
set abc=1
echo %abc%
setlocal
    set abc=2
    echo %abc%
    setlocal
        set abc=3
        echo %abc%
    endlocal
    echo %abc%
endlocal
echo %abc%

実行結果は次のようになる。

C:\> 1.bat

1
2
3
2
1

C:\>

JavaやC言語の{…}とか、pascalとかのbegin…endのような使い方ができる。

不思議なことに、この件についてシンプルに触れている記事を見たことがない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
バッチファイルのsetlocalとendlocal ハードなソフトの話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる