ハードなソフトの話

アクセスカウンタ

zoom RSS CUBE iWork7 : 節約のため適用後のWindows Updateを削除

<<   作成日時 : 2015/05/21 23:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

一週間ほど前、Windows Updateが50個ぐらい出てきた。容量にしておよそ1GBのダウンロードファイルになる。iWork7などのストレージが16GB程度しかないタブレットは、かなりの痛手になる。

CUBE iWork7 はWindows 8.1とOffice 365をインストールすると、空き容量が8GB程度しかない。かといって、Windows Updateは縁起もの。無視して祟りがあると怖い。

怒涛のWindows Update の後、恐る恐る空き容量を調べてみた。

最後に見たときは、7.5GBほどあった、空き領域が6GBほどに減っていた。

image

7.5GB ? 6GB = 1.5GBの内訳は、こんな感じ:

1.5 GB = ダウンロードファイル(1GB) + インストール後のファイル + バックアップファイル

この中で、確実に要らないのは、ダウンロードファイルのである。

これらのファイルは、「ディスクのクリーンアップ」機能で簡単に削除できる。

手順は、こんな感じ

  1. WindowsエクスプローラからC:ドライブのプロパティを表示する
  2. 「ディスクのクリーンアップ」をクリックする
    image
    ※このとき、ディスクのスキャンが起動してしばらく時間がかかることがある
     
  3. 「ディスク クリーンアップ」 ダイアログボックスが表示されるので、「システム ファイルのクリーン アップ」をクリックする
    image
  4. 「ディスク クリーンアップ」プログレスウィンドウが表示され、更新プログラムパッケージのバックアップファイルなどのシステムファイルのスキャンが始まる
    image
  5. 下記のように削除するファイルの選択になるので、チェックマークを付けまくる
    image
  6. あらん限りのチェックマークを付けまくったら、「増加するディスク領域の合計」が「1.39GB」になった。うれしいので「OK」をクリックする
    image
  7. 「これらのファイルを完全に削除しますか?」と尋ねられるので、勇気を「ファイルの削除」をクリックする
    image
  8. まずは整理した後でファイルの削除されている状況が表示される
    image
    image
  9. 完了すると、下記のように空き領域が 7.35GBになっている。
     image

最近は、ストレージに余裕のある裕福なPCばかり使っていたので、この機能があることを忘れていた。

資源は有限、貧乏な時代のことを忘れてはいけない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
CUBE iWork7 : 節約のため適用後のWindows Updateを削除 ハードなソフトの話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる