ハードなソフトの話

アクセスカウンタ

zoom RSS gnupack12: シンボリックリンクが便利になった

<<   作成日時 : 2015/03/10 21:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

改善点:シンボリックリンクがCygwinでもWindowsでもアクセス可能

gnupack12では ln ?s あるいは emacsのDired で S コマンドで作成したシンボリックリンクが、Windows Explorer でも、bash からでも emacsからでも使えるようになった。

gnupack11では、 ln ?s で作ったシンボリックリンクがWindows Explorer からアクセスできなかったり、emacsのDiredで作成した、シンボリックリンクが、Windows のショートカットになって、bashからアクセスできなかった。

シンボリックなモヤモヤが解決された。

しかし、残念ながら、gnupack12 の emacsから .lnk ファイルをDiredで開くとバイナリファイルとして扱われる。

下記の四つのショートカットを作成して表示してみると分かりやすい。

  • tmp ? ショートカット.lnk  ← Windows のショートカット
  • tmp_gnupack11  ← gnupack11の ln ?s で作成したシンボリックリンク
  • tmp_gnupack12.lnk ← gnupack12の ln ?s で作成したシンボリックリンク
  • tmp_win-native ← コマンドプロンプトから mklink で作成したシンボリックリンク

Windows エクスプローラで表示するとこんな感じ:

image

gnupack11のemacs dired 画面(“tmp ? ショートカット.lnk”がシンボリックリンクとして表示されている)

image

gnupack12のemacs dired 画面(“tmp ? ショートカット.lnk”が通常ファイルとして表示されている)

image

解説: CygwinのシンボリックリンクとWindowsのシンボリックリンク

Cygwinでは複数形式のシンボリックリンクを作成できる。

  • マジッククッキー形式(gnupack11): システム属性のファイルにリンク情報を保存したファイル。Cygwin内でしか、認識されない。
  • .lnk形式(gnupack12):  読取専用属性で.lnk拡張子を持つファイル。CygwinおよびWindowsで認識される。
  • Windowsネイティブ: Windows Vista/2008以降でサポートされたシンボリックリンク。
    (ただし、管理者特権がないと作成できない。)

コマンドライン(CMD)で表示すると、こんな感じ:

image

dir コマンドではシステム属性ファイルは表示されないので3個のリンク表示される。

しかし、attribではWindowsネイティブシンボリックリンクが表示できないので3個のリンクが表示される。

ちなみにPowerShellだと、こんな感じ:

image

リンク先が表示されないのが残念ですが、ちゃんと4個のリンクが表示されます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
gnupack 13 リリースなのでgnupack12のまとめ
gnupack13リリースについて 4月30日にCygwin 2.0.1がリリースされ、5月2日にはそれを反映したgnupack 13がリリースされました。 ※ksugitaさん、ありがとうございます。お疲れ様でした(^_^) 今後、「gnupack13以降」タグを追加して投稿していく予定です。 また、混乱を避けるために「gnupack12以降」タグのついている記事で、gnupack13で解決しているものは、その旨を追記していくつもりです。 gnup... ...続きを見る
ハードなソフトの話
2015/05/07 23:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
gnupack12: シンボリックリンクが便利になった ハードなソフトの話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる