ハードなソフトの話

アクセスカウンタ

zoom RSS ASUS Taichiの修理結果

<<   作成日時 : 2013/02/12 10:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

これまでのあらすじ

12月23日に購入したASUS Taichiが届いた。ドライブエラーがあったが、自力で修復。しかし、その後、Windows 8のバグにしては不審なエラーが続き、何度かWindows 8の「すべてを削除して再インストールする」を実行しても、問題が解決されず、1月4日にASUS修理センターへ修理を依頼し、ASUS Taichiを送付した。約1ヶ月の修理期間を経て修理が完了し、ASUS Taichiが手元に戻った。ソフト的な不具合なら自力で解決したいので念のため、ASUS Taichiのディスクイメージをバックアップ後、できる限り詳細に状況を検証することにした。

修理報告書の内容

ASUS Taichiの修理報告書を見ると、「HDD初期化」にチェックマークが入っていた。

Masked_thumb

「HDDの初期化」というと以前なら添付のリカバリディスクを使えば簡単に修理できたわけだが、ASUS Taichiにはリカバリディスクが添付されていない。

HDD(SSD)の初期化については、Windows 8の「すべてを削除して再インストールする」という機能とは違う方法かもしれない。この方法はOSのパーティションを初期化するだけで、ディスク全体の初期化は実施しない。

修理コメントの「※ASUS Live Updateを実施することで、本件を解決できるようになりました」のコメントが気になる。なぜなら、ASUS Live Updateは初期化するたびに実行していたからだ。SSDをディスクごと初期化しないと修復できない問題があったか、その後、ASUS Live Updateの更新で治る不具合だったかのどちらかだったのだろう。

修理後のASUS Taichiの状況

スイッチを入れてみると、Windows 8が起動後、OWNERというユーザーで自動ログオンされた。ホスト名は「ASUS」だった。

「HDD初期化」というと工場出荷時の状態でWindows 8のインストールから始まると思っていたが、どうやら検査したときのままの状態で出荷されたらしい。

初期化を実施したのは1月23日

修理完了報告書では修理開始日は空欄になっている。Windowsのイベントビューアでシステムログを読んでみると、1月23日から始まっている。

しかし、WindowsのファイルとKingsoft Officeのファイルに異常があるのでディスクの初期化をしていいかと確認の電話が来たのが1月12日だから、現象の再現を開始したのは1月12日以前で、修理作業を実施したのは1月23日以前と思われる。

本当にASUS Live Updateを実施したかは不明

修理報告書に「※ASUS Live Updateを実施することで、本件を解決できるようになりました」とあったのでアップデート待ちの問題があったのではないかと思い、日本での出荷後に発表されたアップデートについて調べてみた。

下記の表は2月10日現在、ASUSサポートサイトで発表されているアップデートと実際にインストールされていたアップデートを比較したものである。

ASUS発表日付 対象ドライバ・アプリ 最新 修理PC
2013/1/8 ASUS Close Lid V1.0.18 V1.0.10
2013/1/14 ATKACPI driver and hotkey-related utilities V1.0.0026 V1.0.0023
2013/1/16 ASUS Display Calibration V1.0.5 V1.0.1
2013/1/17 BIOS (EC Firmware Update) V208 V205
2013/1/18 Life Frame3 Utility V3.1.13 (なし)
2013/1/20 Realtek Audio driver V6.0.1.6809 V6.0.1.6809
2013/1/22 Intel Wireless Display Application V3.5.41.0 V3.5.40.0
2013/1/30 Intel Wireless LAN Driver V15.5.7.52 V15.05.5000.15
2013/2/1 ASUS Tutor V1.0.8 V1.0.8

このうち、実際に適用されていたのは、緑で示すバージョンのみだった。むしろ古い。最新の状態ではない。

ASUS Tutorが最新版ということは、修理センター用のCDバージョンのASUS Live Updateを適用したのだろうか?

謎が深まる。不具合を訴えた内容にASUS Live Update適用で治るものは無いように思える。

SunplusCaller.exeのアプリケーションエラー

MSINFO32.exeを実行してみると修理期間中にWindows エラー報告で「Application Error」がレポートされていた。対象は「SunplusCaller.exe」だった。これはASUS Close Lidと呼ばれるプログラムの一部でノートPCのフタを閉じたときにスクリーンを制御するプログラムの一部と思われる。2013年1月8日に発表された「ASUS Close Lid V1.0.18」を適用すると直るかもしれない。

※ちなみに管理者権限でコマンドプロンプトを開き、「cd /d c:\」と「dir /b /s SunplusCaller.exe」を実行すると「c:\Program Files (x86)\ASUS\ASUS Close Lid」の中にファイルがあることが分かる。

Windows Updateの状態

SystemInfo.exeを実行してみたら、Windows Updateで適用されているのは、次の8件だった。

番号 内容 発表時期
KB2739987 WindowsUIImmersive 2012年8月
KB2740443 Windows-Networking. 2012年8月
KB2740446 Windows-VidProc. 2012年8月
KB2740448 Windows-IE-HTMLRendering and other updated components of Internet Explorer 10. 2012年8月
KB2756872 (不明) 2012年10月
KB2761094 (不明) 2012年10月
KB2764870 (不明) 2012年10月
KB2768703 (不明) 2012年10月

発表時期を見ても分かるとおり、8件とも最初から適用されているパッチと思われる。前半の4件はWindows 8発売前に適用されたパッチで、後半の4件はWindows 8の発売後すぐに適用されたパッチである。メーカーに配布するWindows8に最初から入っていても不思議ではない。

したがって、Windows Update は1個も適用されていないものと思われる。

結論

故障の原因は、工場出荷時にSSDのイメージコピーをする際に何らかの異常が発生したと思われる。

そうであれば、EFIシステムパーティションにドライブエラーが発生していたのも、Windows のファイルが破壊されていたのも納得できる。

Windows 8の「すべてを削除して再インストールする」を実行してもC:ドライブのファイルしか削除しないし、再インストール元のイメージが破壊されていれば、正常にファイルがコピーできないこともあるかもしれない。





ネットブックの本 SSDモデル対応版 for Windows XP
毎日コミュニケーションズ
武井 一巳

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ネットブックの本 SSDモデル対応版 for Windows XP の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ASUS EeePC 8.9インチ シャイニーホワイト EEEPC900-WF004X
Asustek

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ASUS EeePC 8.9インチ シャイニーホワイト EEEPC900-WF004X の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

Asus VivoTab Guide: The Unwritten Asus VivoTab Manual
Dylan Merci

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Asus VivoTab Guide: The Unwritten Asus VivoTab Manual の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れさまでございます。詳細なレポートありがとうございます。
私のところの個体には異常はないように「思われる」のですが、イメージコピーの元の側に瑕疵がないことを願うのみです。
なんだか、日本の某大手量販店の注残数だけ大急ぎで生産したような雰囲気がするのは私だけでしょうか。。
ちなみに、私の個体の底面についていた「傷」のようなものは、布で強く拭いたら取れましたので、単なるヨゴレでした。
Toshi
2013/02/14 10:46
Toshiさん、ありがとうございます。
海外のユーザーのレビューを読んでいると日本よりも激しいことが書いてあるのを見かけます。どうやら、これでも改善してから日本で出荷したようです。
「傷」の件、単なるヨゴレでよかったです。
忙しいせいもありますが、思いっきり設定をした後でSSDが飛んだらと思うと、作業を躊躇してしまっています。やっぱり、もともとの発売時期が時間も確保できてベストタイミングだった。
にっく@ハードなソフトの話
2013/02/20 22:05
レポートありがとうございます。
私のはタッチスクリーン側の液晶が乱れるという不具合から修理出しましたが、
3週間返ってこず、結局1か月後に新品交換となりました。

が、、、
これがまた具合が悪く、TAICHI最大のポイントである、画面切り替えができません。
TAICHIキーが光ってないし、、、

あれこれしてもお手上げなので、まずは初期化しようかと思っています。
その初期化のしかたもまだわかってないですが(^_^;)
修理しても返ってこないので新品交換しまし...
2013/03/06 10:56
↑ニックネームのところを間違えてタイトルを入れてしまった。お恥ずかしい、、
kazu
2013/03/06 10:57
Kazuさん、

本体付属マニュアルのP81ページに書いてある方法で初期化できますが、ずいぶん前の書き込みなので、解決してるかな?

いつ修理から返ってくるかわからないから、躊躇しますよねえ…。

新バージョンのTAICHIが発売されているので部品の供給が安定していればいいですが…。

※かなり、仕事がバタバタしていたので、チェックが遅れました。失礼しました。
にっく@ハードなソフトの話
2013/03/20 23:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
ASUS Taichiの修理結果 ハードなソフトの話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる