ハードなソフトの話

アクセスカウンタ

zoom RSS Java 1.6で安全、最新の1.7で危険。

<<   作成日時 : 2012/08/29 22:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ソフトウェアの互換性を考えると、古いソフトが安全で新しいソフトは不安定という人が多いと思う。

逆にセキュリティを考えると、新しいソフトは安全で古いソフトは危険と考える人が多いと思う。

しかし、次の記事を読むとそうでもないと分かる。

Java の新しいゼロデイ脆弱性(CVE-2012-4681) | Symantec Connect Community

この記事で話題の Java.Awetook は最新のJRE 1.7の脆弱性を利用している。ちょっと前の JRE 1.6だと問題ないらしい。

つまり、新しいほうが危険…。やっかいな世の中になっています。Javaなら安全と云っていた時代が懐かしい。

※この件は8月30日にOracle から緊急アップデートが公開されています。(2012/9/4追記)

詳細はこちら:

Oracle、Javaの脆弱性を修正する緊急アップデートを公開

シマンテックストア ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Java 1.6で安全、最新の1.7で危険。 ハードなソフトの話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる