ハードなソフトの話

アクセスカウンタ

zoom RSS U3 USB メモリからメニューが起動しない

<<   作成日時 : 2007/04/21 23:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

U3 USB メモリをふとしたことから入手した。
U3 USB メモリがあれば、USBメモリにアプリケーションをインストールして持ち歩くことができる。

普通のUSBメモリはパソコンのUSBポートに差し込むとドライブが増えてデータをやりとりができる。U3 USB メモリは、パソコンのUSBポートに差し込むとU3メニューが起動してUSBメモリにインストールされているアプリケーションが実行可能になる。
家にある4台のWindows パソコンにU3 USBメモリを差し込んで使ってみると問題なく実行できた。

そこで、仕事場に持っていって差し込んでみるとメニューが起動しない。仕事場でも数台のパソコンを使用しているので、試してみるとメインで使っているパソコンだけ起動できなかった。ちなみに、U3ではないUSBメモリは問題なく使用できるので、ハードウェアの問題ではないようだった。

「たぶん、これはインストールされているデバイスドライバに何か問題があるにちがいない」

U3 USB メモリが普通のUSBメモリとの最も大きな違いは普通のUSBメモリでは、パソコンに差し込んだとき、1台のリムーバブルディスクが増える。しかし、U3 USBメモリの場合は、1台のリムーバブルディスクに加えて、もう1台、仮想CD-ROMドライブが追加される。U3のメニューはこの仮想CD-ROMドライブを使って起動する。これは、CD-ROMを挿入すると勝手にインストールメニューが表示されるのと同じ原理である。

正常に動作するパソコンと動作しないパソコンにインストールされているCD-ROMドライブのデバイスドライバーを比較してみると、CDへの書き込み用のデバイスドライバが正常に動作しないほうのパソコンにインストールされていた。

GEARAspiWDM.sys


インターネットで調べてみると、某サイトでパソコンのトラブルを引き起こす困ったチャンなドライバのリストに入っていた。どうやらCD-Rを作成するときに使用するドライバらしい。このドライバの開発元のGEAR Softwareも新しいのを作ったから使わないでねと、自社のサイトで語っていた。

しかし、このパソコンには書き込みができるCD-Rドライブが搭載されていない。なぜ、インストールされているのだろう?

さらに調べてみると、これは Symantec LiveState Recovery 3.0 をインストールするときに一緒にインストールされたらしい。このソフトはパソコンのハードディスク内のデータをパソコンで作業をしている間にバックアップできるソフトだった。しかし、このほかに、パソコンのリカバリ用に起動用のブートCDを作成する機能があるらしく、そのためのCD書き込み用のドライバだったようだ。

いちかばちか、このドライバを削除してみた。問題なく動作するようになった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
USB対応の周辺機器集【ノートパソコンが好き】
USB対応の周辺機器を集めてみました。必要な機器が有るかチェックしてください。 ...続きを見る
パソコン便利帖【パソコン情報バンク】
2007/06/29 20:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
U3 USB メモリからメニューが起動しない ハードなソフトの話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる